劇団『夢波』のブログ。
劇団夢波は伊豆下田・南伊豆地区で活動しているアマチュア劇団です。
劇団夢波では次回公演に向けて随時、劇団員を募集しています。年齢、経験は不問。一緒に舞台を創りましょう!
公演・劇団、団員募集に関するお問い合わせ先
メール:es-shimoda@hotmail.co.jp

2017年08月21日

観劇『野良の箱船』

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。

8/20、南伊豆町手石の月間神社で『おぼんろ』という劇団の舞台を観に行きました。
余所の劇団が南伊豆に来て、南伊豆の子供たちと一緒に舞台を行うという事です。

まずそれだけで凄いなあと思いました。子供が10人くらい、短期間で創りあげるのですから。ウチの劇団もふたりほど子供がいますがふたりでもなかなか......

まず、舞台が神社の参道なんです。社に向かう道。その道が十字になるように、ブルーシートの席を配してあるので、そこも舞台。拝殿の前も舞台で更には影絵のスクリーンがあり...とまあ、客席も含めた神社全体が舞台のような。
こういう発想はなかったです。
始まる前は南伊豆にも(まがいなりにも)役場のホールもあるし体育館もあるんだからそっちを使えばいいのに、と思ってましたが、神社の雰囲気も夜の闇も月も、蝉時雨も、なんなら牛蛙の鳴き声も味方に付けるような、地を活かしたやり方には到底かなわない。素晴らしいです。
あと、照明のやり方。
ウチの劇団は照明の使い方に関してはあまり工夫しない劇団なんで、照明というと、どうしても照らすことを考えますが、影になる部分を活かすやり方とか、フィルターの使い方とか勉強になりました。
あと、人が動く舞台って楽しいなあ、と。

終演後、できれば来年もやりたいような事も言っていたので、来年も楽しみしています。
posted by 劇団夢波 at 16:11| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

今のところ

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。日々暑かったり、そうでもなかったりと忙しい夏ですね。

次回公演の台本も決まり(私のではありませんが)、今はしばし休憩のとき。
例年なら大道具制作を始める頃ですけど、今年は今のところ動きナシです。
毎回のように、変なもの(現実にはないものや巨大なもの)を作ってる夢波ですが、今年はそういうものが一切ないのです(今のところ、ね)。
それだけに台本と役者の質が問われる公演になるのではないかと思います。
本格的に動くのは来月以降。それまではつかの間の休みを楽しみたいと思います。って、仕事はしてますが。
posted by 劇団夢波 at 21:32| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする