劇団『夢波』のブログ。
劇団夢波は伊豆下田・南伊豆地区で活動しているアマチュア劇団です。
劇団夢波では次回公演に向けて随時、劇団員を募集しています。年齢、経験は不問。一緒に舞台を創りましょう!
公演・劇団、団員募集に関するお問い合わせ先
メール:es-shimoda@hotmail.co.jp

2014年04月26日

みんなで観劇ツアー!まとめ。

こんにちは。劇団夢波のふ〜みんです。

このところ劇団員と2週連続で観劇に出かけてました。

12日(土)は小土肥(伊豆市)の菜の花舞台に行ってきました。
これは俳優の橋爪功率いる演劇集団円さんの野外劇で、毎年この時期に開かれているそうです。
nanohana.jpg
↑オープニングの太鼓。

野外劇以外にも地元の子供達の合唱や太鼓、ミュージシャンの演奏やオレンジポートというご当地アイドル(妙にレベルが高い!)など幅広い演目を行っていました。
最後にいよいよ、演劇集団円の舞台です。
ウエスタン調の物語でした。面白かったのは見せ方で、ああいう方法もあるのかと勉強になりました。
時系列を入れ替える手法は小説なんかではよくあるのですが、舞台でやると話が分かりにくくなっていしまうと思っていました。でも、この手法ならわかりやすいかなあ、と。でもこれ、簡単じゃないんだろうなあ...
あと、野外劇は初めて見たのですが、夜の野外劇は寒いです。一応、冬仕様の格好でしたが、それでも足りなかったです...

20日(日)は掛川の演劇集団esの舞台を観に行きました。
esさんはウチら夢波の兄貴分的な劇団で...。まあ、詳しくは過去のブログを読んでもらえればと思います。
kakegawa.jpg
↑入場前のロビーにて。

今回の『街は微笑みを』はウチの劇団の旗揚げ公演『街は囁いて』の続篇になります。いや、続篇なのかなあ。時系列的にはもっと前になるのかなあ...とにかく、同じ世界の話です。バーに集まる人達の話です、ええ。
やはりそうなると私としては『街は囁いて』と比べてしまうのですが(esの『街は囁いて』も観ています)、『街は囁いて』と比べても、代表の澤根さんの書く台詞も話の筋も面白くなってるし、役者さんも前から上手いとは思っていましたが、上手いだけでなく、ちょっとした面白いところを面白くさせてるなあと思いました。
...えらそうにすいません。全体的に1ランク上になってる気がしました。

ウチもがんばらないとなあ...
posted by 劇団夢波 at 16:40| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。