劇団『夢波』のブログ。
劇団夢波は伊豆下田・南伊豆地区で活動しているアマチュア劇団です。
劇団夢波では次回公演に向けて随時、劇団員を募集しています。年齢、経験は不問。一緒に舞台を創りましょう!
公演・劇団、団員募集に関するお問い合わせ先
メール:es-shimoda@hotmail.co.jp

2017年03月19日

思い出のたまごの思い出B

(思い出のたまごの思い出Aの続きです)
思い込みとは恐ろしいものです。確かに台本を読むと、具体的に横であるという記述はないけど、横と思わせる記述もあったりします。私以外全員が横だと思ってたのだから私の責任です(後で「私も縦だと思ってました」と告白したのもいましたが)。
さあ、どうしましょうか。
前回のブログで公開した写真のものを、もう1個作って繋げればできそうな気がします。台本にある設定の1/3は地面に埋まってるというのを守って、下1/3を切ると今度は高さが低くなり、客席から見えにくくなります(高さ90センチ→60センチ)。
いちから作り直すか?と思いましたが、そもそも横にした場合どんな大きさになるのかを考えました。

たまご(鶏卵)の縦横比はほぼ4:3になります。
たまごを横にして全体の半分が見える状態で、その高さが90センチあるとすると、横幅の一番長いところが240センチにもなります。
......デカすぎないか?
舞台の始めから最後まで舞台上にあるのならともかく、それほど広くない舞台袖にこの大きさのものを置いておくのは難しいです。

という説明をみんなにして、たまごは縦にする事に。よかったよかった。
さて、次の問題は金属音です。
これに関しては、たまご最上部に入れる金属を色々と探しましたが、なかなか良いものがありません。
金属音というと、高い「カーン」という音を思い浮かべるでしょうからそういう音のする金属で、叩き損じがないように、たまごの上部全体を覆うような半球型のものがベストです。
けど、そういうものは意外とありません。
まず、思い浮かぶのはフライパンや鍋の類ですが、これが意外といい音がしない。
設定どおりアルミ製という鍋をゴミ処分場で見つけましたが、全然いい音がしません。フライパンもそんなに良くないです。一番良いのは中華鍋ですけど、そうそう中華鍋なんて処分場にないし、要らない人もみつかりません。
買うか?と思いかけたときに、演出の方からウチのフライパンが古くて新しいのに替えるからという事でフライパンを貰いました。

けど、これがいい音がしないんです。アルミ鍋よりはいいけど。
これはどうにかしないと、と思ってホームセンターを当てもなく歩いていたとき、足先を何かにぶつけました。
「カラン」
このとき奇策が浮かんだのでした。

(思い出のたまごの思い出Cに続きます)

posted by 劇団夢波 at 14:55| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。