劇団『夢波』のブログ。
劇団夢波は伊豆下田・南伊豆地区で活動しているアマチュア劇団です。
劇団夢波では次回公演に向けて随時、劇団員を募集しています。年齢、経験は不問。一緒に舞台を創りましょう!
公演・劇団、団員募集に関するお問い合わせ先
メール:es-shimoda@hotmail.co.jp

2017年03月25日

思い出のたまごの思い出C

(思い出のたまごの思い出Bの続きです)
足先にぶつかったのは単管パイプでした。よく工事現場の足場として使われているパイプです。
単管パイプを持って、コンクリートの床を叩いてみます。当然金属音がしました。
(そうだよ、たまごから金属音がしないなら、金属音のするもので叩けばいいんだよ)
発想の転換でした。
私はカナヅチの方も作ることにしました。
単管パイプとカナヅチの柄を購入しパイプを適当な大きさでカットし柄を入れる穴を開けます。ペンキでパイプを黒色に塗り、乾いたら柄をパイプに差し込みます。

kanaduchi01.jpg
↑完成品。横面からならカナヅチに見えまが......

kanaduchi02.jpg
↑正面からだと空洞が!

写真のとおり、正面からだと空洞が見えますが、振り下ろすのは一瞬。まさかカナヅチが空洞なんて思いもしないでしょうから、バレる可能性はないです。
肝心の音ですが、ちゃんと「カーン」という金属音がします。ただ、フライパンを叩いた「コン」という音もするのでちょっと変な感じもしますが、まあ、及第点でしょうか。

こうやって、出来上がった思い出のたまご(とカナヅチ)ですが、一番の問題は公演が終わると何の使い道もないんですよね、これ。
今回に限った事じゃないですが、捨てるに惜しいこういうものがどんどん増えていきます。他の公演でも使えそうなものはいいのですが、置いておくのにもスペースに限界が......

たまご、欲しい人いないかなあ......
posted by 劇団夢波 at 11:11| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。