劇団『夢波』のブログ。
劇団夢波は伊豆下田・南伊豆地区で活動しているアマチュア劇団です。
劇団夢波では次回公演に向けて随時、劇団員を募集しています。年齢、経験は不問。一緒に舞台を創りましょう!
公演・劇団、団員募集に関するお問い合わせ先
メール:es-shimoda@hotmail.co.jp

2017年04月22日

思うこと。(※あくまで個人の見解です)

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。

劇団としては表面的には忙しくない季節ですが、今年も黒船祭の下田条約再現劇に参加しますので、色々と忙しかったりします(私はそうでもないですが...)。

さっき下田FM4月号の放送を見て、そういえばウチの劇団の11回公演の告知(下田FM1月号)をチェックしてないかったと思い出したので、今更チェック。現代表の事は全く触れてないな前ちゃん、とか思ったりしてます。
その放送の中で、そもそも演劇向きじゃない下田市民文化会館小ホールで演劇をする難しさを前ちゃんが語るシーンがありました。
現状、大ホールを借りられるほどの力(資金とか集客とか、劇団員の数とか...)はないので仕方ないのですが、もう少しなんとかならないかと愚痴りたくなる事もあります。

そういえば隣の河津町では300人規模の小ホールを備えた、複合施設を作るとかで揉めて、町長のリコール問題にまで発展してます。
河津町のホームページから図面を読むと、可動式の椅子やたっぷりとした舞台袖、舞台通路もあり、楽屋や親子鑑賞室まで備えたなかなか立派な施設です。2階には効果室なんてのもあるから、音響・照明関係も恐らくしっかりした施設でしょう。
ここで公演できたらちょっと面白いと思わせる施設です。
問題はこれを使い切れるか?という事でしょうか。

反対派の意見でホールは要らない、体育館で充分なんて声も聞きましたが、半分正しくて半分間違いだと思います。
河津町に体育館があってもウチの劇団で公演をやろうとは思いませんけど、このホールならアリだと思います(実際やるか分かりませんが)。とはいえ、大抵の地元の文化活動は体育館で充分足りる気がします。音響照明が良さそうだからダンスの子供たちとかテンション上がるでしょうけど。
でもこれだけの施設だと、外からステージに立つ人を呼べます。
歌手であったり、お笑いのステージ、落語でも真打ち呼んでもいいし、クラシックの人も呼べそうです。勿論、プロの劇団も。
その時に、チケットが捌けるだけの人口と文化度が河津(と周辺の賀茂地域)にあるか?というのがポイントだと個人的には思います。
あと、恐らく音響と照明のプロは必須なんでその経費も掛かりそうですよ。

ともあれ、河津町の人々がどういう選択をするのか、個人的に非常に楽しみです。
posted by 劇団夢波 at 15:42| 静岡 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんにちは。

 もう随分前ですけど、以前、黒船祭の再現劇に立たせていただいた役人役です。
 手取り足取り、最後までいろいろお世話になりました。


河津在住なんですが、残念ながら芸能活動的な文化のあまり根付いていない土地柄です。

レベルの高い文化を提供でき、発表ができる場として、河津には絶対に必要と思います!
文化レベルがあまり浸透していない土地なんでしょうね。

 今も劇団の皆さまは、ずっと中心になってやっておられるのですね。全く頭が下がる想いです!

 毎年、再現劇メンバーの多くは劇団以外の様々な職種の人達で構成されてて、面白いなと思いました。
 年度ごとに参加する人が異なるそうなので、ご指導される劇団の方々は大変だなぁってつくづく思いました。
下田のためにも後世の人達にもにも継承してされておられる皆さん方の必要性をとても感じました!
 
 無理やり、出る羽目になってしまい、しかも男性の役ということでお受けしたのですが、当日がやってくるのがいやでいやでならなったのを覚えています。(笑)
 
 女性のメーク部屋に入ろうとしたら、男性と同じ部屋に呼ばれました。(笑)
  女性なのにちょんまげのかつらをつけられて鏡を見たときは絶句!

 扮装を終えて女性の着付け部屋に戻って入室した瞬間は、他の一般参加の方々に「どうして男が入ってくるの?!」みたいな顔をされました。(#^.^#)

メンバーの皆さんには「似合うよ」とか「おかしくないよ」とか言われましたのを覚えています。💦

最初は恥ずかしかったですけど、いろんな方にお声をかけていただいたり写真を撮られたりと、とても楽しかったです。

 再現劇もお客さんの反応もよく、メンバー間の一体感をもとても感じました。

 貴重な経験を有難うございました!!

 今年は21日にお祭り見学を予定してます。
再現劇ももちろん楽しみにしております(^-^)

 今年は、再現劇メンバーが以前より少ないそうですね。
 ちょっと残念な気もしますが、その分、お一人お一人の存在感や役割も大きくなり大変そうですね。


 久しぶりの黒船祭ですけど、今年も劇団員以外の役人の役に女性の方が出演されるようなことをお聞きしました。
 本当ですか・・・。
 ぜひ応援したいですし、エールを贈りたいです!!

 メンバーは毎年違う中、気苦労も多いと思いますが、再現劇のご成功を願っております。

 注目度の高さはのちに知りましたが、全国ニュースになるほどですので、元役人役の私としても、再現劇を誇りに思ってます!!


 


 
Posted by 役人女子 at 2017年05月12日 11:54
>役人女子さん
お金の動く事なんで、何とも言えないのですが、300人規模のホールというのは下田文化会館の小ホール(100人規模)より大きく大ホール(600〜800人規模)の間で、使い勝手がいいので需要はそれなりにありそうですけどね。
毎年、色々な人達とやるのは楽しいですし、劇団のPRになるしという下心もあったり(笑)
しかし女性が役人の役で「似合うよ」「おかしくない」ってのはどうなんだろうか、と思ってしまいます(笑)楽しまれたので良かったと思いますが。
今年の役人は私なので女性ではないですが、井戸対馬守と通訳の役の方は女性ですね。

Posted by ふ〜みん at 2017年05月13日 21:01
コメント有難うございます。

ホールは維持費もかかりますけど、使い方次第では、支持される公共施設になりそうなんですけどね・・・。300人規模のホールだと稼働率も高そうですね。

出演している役柄はすべてお役人だと解釈してました。(-_-;)

毎年、色々な人達とやられてるのですね。
お客さんの反応がいいと、みんなで充実感を共有できるところがいいですね。

>>しかし女性が役人の役で「似合うよ」「おかしくない」ってのはどうなんだろうか、と思ってしまいます(笑)楽しまれたので良かったと思いますが。

「どこの誰だかわからないし、気にすることないよ、堂々とやろうよ」そんな励ましのメッセージだと受け止めてました。

着付け室では他の参加の方々は、町娘のカワイイ衣装を着せてもらっているのに、裃や袴を着せられて、他の方々から「えっ?!男役なの??」って驚かれました💦

女性や比べかつらも軽し、二日間楽しかったです。皆さんで食堂にも行き、一般客の方々もびっくりしてましたし。(笑)

いよいよ今週なんですね。お稽古の詰に入っておられるような状況なんでしょうね。

毎年、雨が心配ですけど、今年も多くの方々の笑顔の為に、再現劇の大成功をお祈りします!


Posted by 役人女子 at 2017年05月15日 11:05
>役人女子さん

今年の再現劇、終わりました。今年は天気を気にしなくて良かったのですが、暑くて大変でした…
結構アドリブもあったりして面白かったですよ。
ありがとうございました。
Posted by ふ〜みん at 2017年05月21日 17:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。