劇団『夢波』のブログ。
劇団夢波は伊豆下田・南伊豆地区で活動しているアマチュア劇団です。
劇団夢波では次回公演に向けて随時、劇団員を募集しています。年齢、経験は不問。一緒に舞台を創りましょう!
公演・劇団、団員募集に関するお問い合わせ先
メール:es-shimoda@hotmail.co.jp

2016年11月06日

劇団に出来ること。

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。
次回公演のポスターデザインもできあがり、後は微調整とか印刷の発注などをやります。
ポスターは近日公開しますね。

ところで去年のポスターから、後援の表示を入れました。
後援を戴くと信用がついて広報活動がしやすくなり、とても有り難いです。
後援の許可も、一言でOKなところから、書面で承認申請書を出して認可が下りて初めて書けるところなど様々です。
もちろんどちらが良い悪いという話ではないのですが、市役所関係だとやはり書類が必要になります。
色々な項目があるのですが、中には事業目的・趣旨、なんてものもあります。
事業目的?趣旨?
演劇をする目的ってなんだろう?とか考えてしまいます。
「演劇が楽しいから演劇を楽しみたいです!」ではなんとなくダメな気がします。市役所なんですから。

私は劇団の事を考えるとき、草野球に例えて考えたりします。

一見、プロ野球とは関係なさそうな草野球ですが、生まれながらのプロ野球選手はいません。殆どのプロ選手が少年野球の経験者でしょう。その少年達が初めてみた生の野球がお父さんの草野球という事もあるでしょう。何かしらの影響はあるでしょう。野球が身近にあれば興味を持つ人も増えます。プロの試合を観にスタジアムに行く人も増えるでしょう。
野球が楽しみなのか、終わった後の一杯が楽しみなのか分からないような草野球だって、野球文化の一翼(のほんの一部)を担ってると言ってもいいでしょう。

演劇ってこの辺りではあまり馴染みがない文化だと思います。
演劇を初めて観るのがウチの劇団という人も多いでしょう。観た人が他のプロの劇団の演劇を観るきっかけになるかも知れません。そこで使ったお金が演劇人を支える一部にでもなれば、私たちの劇団も演劇文化の一翼(のほんの一部)を担ってると言えるかも知れません。

なので、事業目的・趣旨は「演劇活動を通じての演劇文化の普及」としました。ちょっと大上段から構えてみましたが。
posted by 劇団夢波 at 21:41| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

すすまない。

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。

近況ですが...
稽古が遅れています。
現在は、平日と土日の稽古ですけど、演出が忙しくて来られなかったり、土日じゃないと来られない人もいたりで、なかなかメンバーが揃いません。
あ、自分も祭とかで休んでましたが....

先日、久々に演出とメンバーが多く揃い、稽古が進みました。
keiko02.jpg
本番の会場を使った舞台稽古まで、1ヶ月半くらい。少しずつ前進している感じです。
posted by 劇団夢波 at 09:32| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

活動再開。

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。

次回公演の台本も決まり、さあ稽古と思っていましたが、夏はみんな忙しくて、なかなか集まる事ができず、1ヶ月ほど経過してしまいました。
keiko.jpg
↑台本読みの練習。

昨日(8/28)は見学者も来てしっかり台本読みの稽古が出来ました。役者陣は各々、課題が見つかったようでした。
そして私の勘違いが発覚!
台本には詳しく書いてなかったのですが、私以外の人が全員横だと思ってたという話。私は縦だと思っていたのに。(わからないでしょうけど、詳しくも書けないです)
役者だったら、勘違いでしたアハハで済むのですが、大道具担当が勘違いしてると、アハハでは済みません。作り始めるのに材料を集めている段階だったので、まだマシだったのですが、私の土日が吹っ飛びました。構想からやり直しです。
演出、舞台監督との確認作業が大事なのはわかっていたのですが、時間もないので私が先走ったのです。
まさかこんな基本的なところで引っ掛かるとは...落ち込みます。
posted by 劇団夢波 at 21:08| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

印刷中。

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。

自分ルールで毎月1回は更新しようと思っていたのですが、先月は更新出来ませんでした。
すいません。
更新できなかった理由は次回公演に向けた台本候補の作成が遅れていたので、そっちの作業を優先していた為です。途中、使っていたパソコンが壊れて、ハードディスク交換という予期せぬ事態も起こったりして...まあ、バックアップは万全だったので、大丈夫なのですが。
今、印刷中です。

insatu.jpg
↑A3まで印刷可能なキャノン。デカイ!

結構な時間を費やして、書いた台本ですが、これが採用されるかは分からないと言うところが、ウチの劇団の厳しい所です。っていうか、私の書いた台本は一度採用されたことありません。
posted by 劇団夢波 at 10:11| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

再現劇終了!

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。

再現劇終了しました!

今年は2日間とも天気が良かったですね。去年のように雨が降ると大変ですので...
私は役人役だったのですが、意外と暑さは大丈夫ですね。暑いけど耐えられる暑さというか。黒い衣装なので暑そうですが、生地はそう厚くないし、構造的に風が入るのでなんとかなります。
ただ、腰が疲れますね。昔の人は1俵60sを担いで運んでいたくらいで、とても力があったようですが、その秘密は普段から使ってる腰の力なのかも知れませんね。

kuro02.jpg
↑二日目、出陣前の再現劇メンバー
posted by 劇団夢波 at 17:00| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

今年も再現劇。

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。

今年も黒船祭の「下田条約再現劇」に劇団員3人で参加します。
稽古も順調に進んでいます。
kuro.jpg
↑いつもの決めシーンも稽古。

再現劇は21日は了仙寺にて12時半頃、22日は下田市民文化会館にて12時半頃から行います。
再現劇以外でも夕方近くまで街を歩いていますので、気軽にお声を掛けていただければと思います。
posted by 劇団夢波 at 22:07| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

近況など

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。

月1回は更新のノルマを課しているので、ギリギリ4月の更新です。
次回公演に向けて今は準備の時期。という事で、台本を読んだり、インプロ(っぽいもの)などをやったりします。稽古場的に動きのあるものはやりにくいので、言葉を使うものが中心になっています。

kekon.jpg
↑先月の結婚式の様子

先月、私の結婚式で行った劇団の演劇の出し物の写真をアップしました。
まあ、お客様は見てる人も見てない人もいたり、と。
posted by 劇団夢波 at 21:04| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

難しい...

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。

先日、劇団夢波は第1回下田サミットという下田市内の各種団体の活動をPRするイベントに参加させていただきました。
夢波は10年の活動をざっとまとめたパネル展示を行いました。
10.jpg
↑こんな感じ。

ただ、場所がちょっと難しかったですね。
会場はおなじみ下田市民文化会館の小ホールなんですが、目の前で他の団体が、音楽やらダンスなどをやっている後ろでパネル展示してるので見てくれる人が少ない。
というか、小ホールに入ろうとすると、音楽やらダンスが聞こえてくる訳で、その時点でダンスや歌に興味のない人は入らない感じでした。つまり、ウチの展示を見てくれる人は、歌やダンスに興味があって、実演しているダンスや歌よりもパネル展示しかしてない劇団に興味がある人...難しいですね。まあ、幕間には見てくれるでしょうけど。

やっぱり劇団は演劇やってナンボですね。
もし来年同じ時期にこのイベントがあったら、是非演劇で参加してみたいですね(個人の感想ですが)。
まあなんで今年演劇やらなかったのかといえば、前日に私の結婚式で劇団のみんなに劇をやってもらったからで、申し訳ない気分です。
ただ、結婚式での演劇というのも難しいですね。
全員が見てくれてる訳じゃないですからね。酔ってる人もいるし。歌とかなら一瞬で惹きつけるみたいな事も可能かもしれませんが、だまって聞いてくれる事が前提の演劇は難しいです。わかっていた事とはいえ。
そもそもホールではないので声が聞こえるかという問題もあって、まあ、これはマイクを使ってなんとか解決したのですが...難しいですね。
でも、よかったよと言ってくれる人もいたので、よかったです。
posted by 劇団夢波 at 00:25| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

近況報告

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。

1月の公演が終わってもう1ヶ月以上が経ちました。ここでは告知しませんでしたが、地元ケーブル局での公演の放送があったりしました。
この時期いつもなら基礎練習などをやっているのですが、今年は少し様子が違います。
実は、代表の私、ふ〜みんは結婚することになり、結婚披露宴でウチの劇団の劇をやることになり、昨日、式場でのリハーサルに行って来ました。
hiro-en.jpg
↑リハーサルの様子。

まあ、ここで告知しても披露宴に招待されている人以外観られないので、内容を言ってしまうと、以前にウチの劇団でやった天才探偵瀬谷志郎の番外編というか、パロディ的なものです。
脚本を前川氏に書いて貰うのは流石に申し訳ないので、私が書きました。
しかし、自分の書いた脚本で初めて公の場で行う公演が自分の披露宴というのなんだかなあという気もしますが、こんな事につき合ってくれる劇団員に感謝です。
しかし身内しか見ない余興とはいえ、100人以上の人達が見るのですから、それなりのアピールにはなるハズなので、気合いを入れて頑張りたいと思います。

ebi.jpg
↑気合い入れすぎてフライヤーまで作ってしまった...
posted by 劇団夢波 at 01:04| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

終演しました。

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。
1月30,31日の2日間で行われた劇団夢波第10回公演『幸福の秘宝』終演いたしました。
今回も多くの皆さんに来ていただいて、本当にありがとうございました。

今シーズンは本番こそ大きな失敗もなく悪くない出来だったのですが、稽古の進みが今までで一番遅く、年明けする頃までかなり不安でした。もう少し余裕があればもっと良いものが作れたのでは?という思いは残ってしまいました。ただ、もう終わった事ですので、そういう思いは次の公演への原動力に使いたいです。

次の公演に向けて、劇団員も募集してます。興味のある方は是非ご連絡ください。
posted by 劇団夢波 at 21:10| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

裏で準備。

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。

先日の伊豆新聞さんに続いて、21日の静岡新聞ウィークリーガイドのコーナーに公演案内を載せていただきました。
ここ数年、載せてもらえるようになりました。これに載るとそろそろ、公演が近いなという気になります。
そう、もう公演まで10日を切ったのです。
そうなると裏の準備も盛んになってきます。今年は記念すべき10回公演という事でちょっとしたパネル展示をします。それからいつものパンフレットも増ページ。何が増えるのかは来てのお楽しみに。
という事で、まあ、色々と大変な訳です。

そうそう、まだ、前売りチケット売っています。希望の方は公演チラシの連絡先に問い合わせていただければと思います。
知り合いに劇団員のいる方はそちらでもOKです。
posted by 劇団夢波 at 22:24| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

公演案内

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。

第10回公演まであと、2ヶ月を切りました。
公演を成功させる為に、もちろん稽古は欠かせないのですが、それ以外の活動もしないといけません。
舞台の公演には必ず3つの要素が必要だと言います。
役者、板(舞台)、とあと一つが観客です。見る人がいなければただの練習ですからね。
と言うわけで、公演の告知を各方面にお知らせする、これも重要な活動なのです。

hagaki.jpg
↑公演告知の葉書の山

公演のお知らせは、各所に貼らせていただいたチラシや、公演アンケートで書いていただいた住所やメールアドレスに送るメールや告知葉書などでおこないます。
ただ、アンケートでメールアドレスと住所、両方書いていただいた方は、メールのみでしか案内していません。葉書代もバカにならないので、ご容赦いただければと思います。


posted by 劇団夢波 at 13:23| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月30日

次回公演

こんにちは、劇田夢波のふ〜みんです。
次回公演のポスターが完成しました。
pos10.jpg

劇団夢波第10回公演『幸福の秘宝』脚本・演出:前川雅実
2016年1月30日(土)19:00、31日(日)14:00開演(開場は開演の30分前)
会場:下田市民文化会館小ホール
入場料前売700円当日800円高校生以下及び18歳未満は無料
※入場者多数の場合は立見になる恐れがあります
後援:下田市・下田市文化協会・下田市観光協会・下田市商店会連盟・NPO法人下田にぎわい社中

そう、今回は下田市を始め、色々な団体の後援をいただいています。
今までも劇団の公演に対して色々な協力をしていただいてましたが、このように正式に書くのは初めてです。
劇団員一同、身が引き締まる思いです。
皆様の御来場を心よりお待ちしております。

なお、前売り券の発売はもう少し待って下さい。12月中旬くらいから用意できると思います。
posted by 劇団夢波 at 23:03| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

第0回下田サミット

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。

先日、下田サミットというものに参加してきました。
これは、下田市内で活動する観光やスポーツや文化などの団体が一堂に会して、連携を模索するというような会です。
市長さんやら市議会議員さん、県議会議員さんなどなどVIPもいます。
samito0.jpg
↑ある意味、この人(?)もVIPですね。

その中で、各団体1分間のスピーチをするというのがありました。
私は舞台に立って演劇などをしてますが、スピーチは大の苦手です(私の公演後の挨拶を聞けば分かると思いますが...)。
けど、演劇やってる団体が舞台でとちるのは洒落にならないので、きっちり練習してきました。
その成果か妙な事は口走らず、まあ、無難に劇団をアピールできたのではないかと思います。

Facebookなどではよく見かける人達や団体と実際に会って話ができたのは、とても刺激になりました。
そういう団体さんとどこかでコラボできたら面白い事ができそうだなあ、と思いました。
posted by 劇団夢波 at 23:25| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

今年も入魂!

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。

今年もこの時期がやってきました。
下田市で開かれるイベント、一発入魂!2015です。
誰でも参加出来るという作品展で今年もウチの劇団で出品します。
去年は映像でウチの劇団の予告編や舞台のオープニング映像などを出品し、舞台に一発入魂!しています、というものでしたが、今年はストレートに『衣装』を出品しました。
前回公演を観た方は察しがつくでしょうけど、間近で見てみるのも面白いかと。見せ方も気合いが入ってます。

一発入魂!2015
日時:10月30日(金)〜11月3日(火/祝) 10:00〜16:00 
入場無料
会場:下田旧町『旧澤村邸』展示室

澤村邸って、ペリーロードの端の方ですね。海に近い方。
同時開催で『杉山五郎と楽しい仲間たち」というのもやっているとか。前に一発入魂!で出てた杉山さんの模型を見ましたが、一見の価値アリです。その杉山さんの作品が一堂に会するそうですよ。
posted by 劇団夢波 at 21:37| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

近況ぼちぼち

こんにちは!劇団夢波のふ〜みんです。

毎月1回は更新するといいながら先月は更新できず、すいません。

劇団の近況ですが、ようやく次回公演の台本も決まり、読みの稽古、そして少し立ち稽古的な事も始まりました。本格的なのは体育館での稽古が始まったらですが、一歩ずつ歩みを進めていると言うところでしょうか。
keiko.jpg
↑来週からは体育館です。

今年は劇団10周年ですが、全体的な進行が遅れている事もあり何か特別なイベントの予定はないですが、前川君がFacebookで夢波10周年コラムと題して色々と書いてますので、気になる人はFacebookでどうぞ。面白いです。
あと、前川君が管理している劇団HPは更新できないシステム上の事情があるのでずっと更新できてませんが、今年中に復活させたいそうです。
posted by 劇団夢波 at 21:42| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月31日

8月の終わりに演劇三昧。

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。

最低でも毎月更新しようと心に決めているので、今日は8月ギリギリ更新です。

土日(8/29,30)にひとり観劇ツアーに行って来ました。東京まで観劇に行き、帰りに三島で観劇です。

三島では劇団夏組の公演『黄金色の夕暮』を観てきました。劇団夏組は県の芸術祭でも毎年のように賞を取っている実力派の劇団で今回は山田太一作品ですが、小説を原作とした脚本を自作して公演をするなど(許可取るのとか大変そう...)非常に意欲的な劇団でもあります。今回で2回目の観劇です。
natsugumi.jpg
↑あっ、黄金色の『黄』が見切れてしまった...

演劇をやり始めて、色々な劇団の公演を観ていますが、演技の上手い劇団は結構あります。でも、ここまで舞台装置を作り込んでいる劇団はなかなかないと思います。もちろん何千円も取る(時には万に迫るような金額の)プロの役者さんがいる劇団は別ですが。
場面転換が多い舞台は別として、基本的に同じ場面設定で行う舞台ならウチの劇団でも、もう少し作り込めるんじゃないかと思いました。もちろん、演技も素晴らしいです。
観劇の後はその足でウチの劇団の稽古です......

さて、劇団の近況ですが、今年も台本選びが順調に遅れてまして、昨日(8/30)までにようやく候補作2本を読んだ次第です。来週みんなで投票して決めます。
さて、どうなるか......
posted by 劇団夢波 at 23:23| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

SPAC ふじのくに野外芸術フェスタ『夜叉ヶ池』行って来ました。

こんにちは。劇団夢波のふ〜みんです。

SPACのふじのくに野外芸術フェスタ『夜叉ヶ池』に劇団員他総勢7名で行って来ました。
韮山反射炉が世界遺産に登録された事を記念しての公演のようです。しかも無料公演という太っ腹ぷりです。この辺りが静岡県が持っている劇団という感じがします。

静謐という言葉が思い浮かぶオープニング。奇抜でユーモラスな夜叉ヶ池の異世界の住人たち。切れ味のいい立ち回りの見事さ。効果的で迫力ある生演奏。悲しいラストシーン。
印象的なものを並べていくとこんな感じでしょうか。
ウチの劇団とは方向性も規模も違うので、得るものはそう多くはないのですが、エンターテイメントとして楽しめました。
ただ、突き詰める姿勢というのは見習いたいですね。

spac.jpg
↑SPACのキャラすぱっくん。ここまで突き抜けるとアリな気がする...

hanshro.jpg
↑やっぱり反射炉も行って来ました。
posted by 劇団夢波 at 05:00| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

SPACリーディング・カフェ@下田に行って来ました。

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。
梅雨らしく雨ばかり続きますが、もう7月です。そろそろやらなきゃいけないことが押し寄せて来ますが...

劇団員3人で、リーディング・カフェという会に行って来ました。
furonto01.jpg
↑下田駅前の普論洞。ここの2階、白龍亭が会場。
furonto02.jpg
↑白龍亭に住む(?)白龍。

SPACという県立の劇団の奥野晃士さんに来ていただいて、お茶しながら台本の読み合わせをするという会です。簡単に言うと、そういう感じです。
今回のテキストは泉鏡花 作 『夜叉ヶ池』。
龍神伝説のお話という事で、池になぞらえて鏡が置いてあって、のぞき込むと天井の白龍が見えたり、台本読んでいる最中に、笛を吹いてくれる方がいたりと、とても雰囲気のある中でのリーディングカフェでした。

演劇に親しむ会、という感じなので(演劇のカラオケと奥野さんも言ってますし)、ワークショップのように指導を受けて勉強になりますという会ではないですけど、普段ウチの劇団ではあまり読まないような古典的名作を読むというのは違った刺激がもらえます。楽しかったです。
posted by 劇団夢波 at 12:10| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

インプット、アウトプット

こんにちは。劇団夢波のふ〜みんです。

ブログ更新しないまま6月も終わりそうでした。
予定では6月くらいまでに次回作の台本を決めたかったのですが、まだできてません。
とはいえ、公演はまだ先。じっくり決めても間に合います。

まだ、決まっていないと言う事は、色々なものを見て体験して吸収する事ができる時期でもあります。
本を読んだり、舞台を観たり。録画した舞台の映像、たまっているんですよねえ...

最近、Eテレでやってた、『青春舞台2012』の再放送を録画したのを観ました。
高校演劇の全国大会のドキュメンタリーなんですが、高校演劇のレベルの高さが分かるものでした。
特に最優秀校の青森中央高校の「もしイタ〜もし高校野球の女子マネージャーが青森の『 イタコ』を呼んだら〜」はノーカットで放送されてましたけど、圧巻でした。

なんか、こういうのを観ると、言い訳できないなと思います。
なにせ、照明は点いたまま(なので、暗転もない)音響もなく、衣装も黒いTシャツくらい。それでもあんな凄いものが高校生に作れるのですから。
ウチの劇団も、会場の都合とか人数とか経験とか、素人の集まりだしとか、そもそもこんな田舎でとか、色々表に出さない言い訳を抱えて、何かを諦めている気がします。
でも色々制限があっても、知恵と工夫とおそらくはもの凄い稽古で、素晴らしいものは作れる。もう言い訳はできません。

そりゃ、指導する先生も凄い人ですけど。
↑まだ言い訳してる。
posted by 劇団夢波 at 23:15| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする