劇団『夢波』のブログ。
劇団夢波は伊豆下田・南伊豆地区で活動しているアマチュア劇団です。
劇団夢波では次回公演に向けて随時、劇団員を募集しています。年齢、経験は不問。一緒に舞台を創りましょう!
公演・劇団、団員募集に関するお問い合わせ先
メール:es-shimoda@hotmail.co.jp

2015年07月05日

SPACリーディング・カフェ@下田に行って来ました。

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。
梅雨らしく雨ばかり続きますが、もう7月です。そろそろやらなきゃいけないことが押し寄せて来ますが...

劇団員3人で、リーディング・カフェという会に行って来ました。
furonto01.jpg
↑下田駅前の普論洞。ここの2階、白龍亭が会場。
furonto02.jpg
↑白龍亭に住む(?)白龍。

SPACという県立の劇団の奥野晃士さんに来ていただいて、お茶しながら台本の読み合わせをするという会です。簡単に言うと、そういう感じです。
今回のテキストは泉鏡花 作 『夜叉ヶ池』。
龍神伝説のお話という事で、池になぞらえて鏡が置いてあって、のぞき込むと天井の白龍が見えたり、台本読んでいる最中に、笛を吹いてくれる方がいたりと、とても雰囲気のある中でのリーディングカフェでした。

演劇に親しむ会、という感じなので(演劇のカラオケと奥野さんも言ってますし)、ワークショップのように指導を受けて勉強になりますという会ではないですけど、普段ウチの劇団ではあまり読まないような古典的名作を読むというのは違った刺激がもらえます。楽しかったです。
posted by 劇団夢波 at 12:10| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

インプット、アウトプット

こんにちは。劇団夢波のふ〜みんです。

ブログ更新しないまま6月も終わりそうでした。
予定では6月くらいまでに次回作の台本を決めたかったのですが、まだできてません。
とはいえ、公演はまだ先。じっくり決めても間に合います。

まだ、決まっていないと言う事は、色々なものを見て体験して吸収する事ができる時期でもあります。
本を読んだり、舞台を観たり。録画した舞台の映像、たまっているんですよねえ...

最近、Eテレでやってた、『青春舞台2012』の再放送を録画したのを観ました。
高校演劇の全国大会のドキュメンタリーなんですが、高校演劇のレベルの高さが分かるものでした。
特に最優秀校の青森中央高校の「もしイタ〜もし高校野球の女子マネージャーが青森の『 イタコ』を呼んだら〜」はノーカットで放送されてましたけど、圧巻でした。

なんか、こういうのを観ると、言い訳できないなと思います。
なにせ、照明は点いたまま(なので、暗転もない)音響もなく、衣装も黒いTシャツくらい。それでもあんな凄いものが高校生に作れるのですから。
ウチの劇団も、会場の都合とか人数とか経験とか、素人の集まりだしとか、そもそもこんな田舎でとか、色々表に出さない言い訳を抱えて、何かを諦めている気がします。
でも色々制限があっても、知恵と工夫とおそらくはもの凄い稽古で、素晴らしいものは作れる。もう言い訳はできません。

そりゃ、指導する先生も凄い人ですけど。
↑まだ言い訳してる。
posted by 劇団夢波 at 23:15| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

再現劇終了!

こんにちは劇団夢波のふ〜みんです。

黒船祭の再現劇、終了しました!今年も楽しみました。

kurofune151.jpg
↑1日目、出かける前。番傘もなかなか粋なもの。

1日目は小雨が降ったり止んだりで、結局再現劇は了仙寺の中で行う事に。
何年も再現劇やっているけど、中で再現劇をやるのは初めて。
裏側はかなりバタバタでしたが、出来自体はなかなかだったと思います。

二日目は打って変わって晴天。風があって少し救われましたが、暑い!
下田市民文化会館の駐車場で行った再現劇。途中で下田のゆるキャラ、ぺるりんが登場したりして、面白かったです。個人的には、もうちょっとぺるりんをいじりたかったけど...

再現劇以外でも街歩きをしたり、イベントに参加したりと大忙しの二日間でした。
kurofune152.jpg
↑コスプレコンテストの様子。再現劇メンバーが審査員を務めた。


posted by 劇団夢波 at 17:28| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

今年も...黒船!

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。

今年も劇団夢波は黒船祭の日米下田条約再現劇に参加します。
練習もいよいよ立ち稽古に。練習で集まれるのは数回しかないのです、足りない分は自主練してがんばります。
kurofune01.jpg
↑音響関係も入って本格的な稽古に。

気軽に楽しめる舞台なので、是非、観に来て下さい。

日米下田条約再現劇
16日(土)12:30頃 了仙寺にて
17日(日)12:30頃 下田市民文化会館前にて
posted by 劇団夢波 at 05:43| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

菜の花舞台に行って来ました。

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。

nanohana.jpg
↑オープニングは子供達の太鼓。

今年も劇団員と行って来ました、菜の花舞台。
毎年、伊豆市小土肥地区で行われる、野外劇を中心としたイベントです。
俳優の橋爪功さんが代表を務める演劇集団円の方々が出演する舞台なので、毎年楽しみにしています。(と言っても、私は去年初めて行ったのですが...)

が、今年は雨。

下田から伊豆市小土肥までの1時間半ほぼ雨。
内心、こりゃ中止だろうなあ。それなら、美味い魚でも食って帰りたいなあ、などと考えていたのですが、小土肥に着いてみると、パラパラと降っている程度。っていうか、舞台の周りにはもうお客様がいて、屋台も出てるし、やる気充分という感じ。

オープニングの子供太鼓から始まり、中学生の合唱、地元の和太鼓(これがカッコイイ!)などがあり、休憩を挟んでいよいよ、野外劇。心配した雨も途中、少し降ってきて和太鼓が一曲出来なかったのは残念だったけど、まあなんとかしのいだ感じ。

野外劇。
疱瘡が流行する時代に、疱瘡避け為に主人が屋敷を留守にした間に下男が、悪事を企み屋敷を根城にして、人々を騙す様をユーモラスに描いた作品である。
と、何か硬い表現になってしまいましたが、実際は笑いあり、ダンスありで、話しの筋もわかりやすい構成の劇でした。面白かったです。

と、ラスト近辺で強烈な大雨!
なんでいいところで...こうなれば、ずぶ濡れになりながら、観るしかないです。

野外劇のリスクを身をもって知った日になりました。舞台上は滑るので危ないし。
posted by 劇団夢波 at 12:16| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

劇団員、募集!

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。
daninboshu.jpg
↑劇団員、募集中!

新しい劇団員募集ポスターが出来上がりました。
次回公演は第10回公演、節目の公演です。やっぱり特別な事をしたいという気持ちはあります。
そうなると、人手は多いに越したことないですね。
ポスターにも書きましたが、舞台に立つ人だけで舞台は成り立っている訳じゃありません。裏方スタッフの力も必要なのです。なので、「舞台とか台詞覚えられないし」「キンチョーするから無理」と思っている人でも、裏方のスタッフとして手伝ってくれると有り難いです。
もちろん、役者も募集してます。初心者でも大歓迎です。やる気次第でなんとかなります。

よろしくお願いします。
posted by 劇団夢波 at 16:06| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

オフ・シーズンの稽古

こんにちは。劇団夢波のふ〜みんです。

夢波は年1回の公演を1,2月に終わったばかりなので、今の時期はオフシーズンという感じです。今は隔週で集まって稽古している状態です。
本番を見据えた稽古ではないので、今は『何処で・誰が・何をカード』を使ったエチュード(即興劇)をやったり、ネットで探してきた短編を動きを入れながら読んでみたりしています。
keiko.jpg
↑稽古風景。

前回の稽古に来られなかったりゅうのすけも今回は参加しました。読みの上達ぶりがすごいです。やはり舞台に立った経験が生きてるのでしょう。
ちなみに、りゅうのすけ台本は小学2年生までの漢字で作成してます。常用漢字を学年別に色づけしてくれるサイトがあるのでそれを利用してます。どこかに、自動で訳してくれるソフトとかないかなあ。
posted by 劇団夢波 at 20:49| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

以下、私事ではありますが...

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。
公演も終わり、今の時期は隔週で稽古という比較的ゆっくりしたペースで活動しています。

えー、以下は私事ではあるのですが...

ふじのくに芸術祭2014文学部門の戯曲・シナリオにおいて、私の書いた『死神ーThe person who controls deathー』が入選しました。
watashi.jpg
↑片仮名でツチヤフミオって...

応募した事は劇団員にも内緒でした。
だって、箸にも棒にも掛からなかったらハズカシイじゃないですか。
応募した一番の理由は審査員の審査評がもらえるから。こう言ってはなんですが、この賞、応募数が少ないので選外の作品でも審査評をもらえる事が多いのです。
入選の報をいただいたのは随分前でしたが、なんとなく言い出しにくいし、まあ入選だし(この上には奨励賞や後援社賞、芸術祭賞などがある)応募が少なすぎて大目に見て入選かも知れないとか色々考えて、言えず。

ところが昨日、ウチに本(県民文芸 文学作品集)が届きました。
やっぱり、本になっているのは単純に嬉しいものです。
楽しみにしていた審査評を読みました。予想どおり厳しい事も書かれていましたが、褒められている部分もあって驚きました。
評を読んでいて「少し長そうと思ったら、すぐに回想を入れてリズムを保つ。」という部分でハッとしました。
この部分は私もなんとなく長いと思っていたのですが、劇団のみんなから、「長いよ!」と言われたので、考え直して、回想を入れる事を思いついた部分でした。
また、別の評では全体の感想として、「長々とした説明、強調など必要のない部分が多くあるように思います」とあり「友人、知人の感想、批評などを謙虚に受け止める必要」を書いてありました。
私が、謙虚に受け止めたかはさておき、実際、劇団員に読んでもらって色々言われて、良い方に変わったし、実は入選した人としなかった人の差なんて、そのくらいだったのでは?と思いました。

本当はもうずっと内緒にしておこうと思ったのですが、やはり、みんなに言うべきだと思ってブログで取り上げた次第です。私事ではありますが、私事だけじゃないかなあと。
劇団員のみんな、ありがとう。

ちなみに、この台本って第9回公演の脚本選びで出して、私以外の満場一致で却下されたんですよね(笑)。
いかに前川脚本が優れているかと言う事です。
posted by 劇団夢波 at 20:13| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

第9回公演、終演。

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。

劇団夢波第9回公演『ありふれた奇跡』終演しました。
寒い中、とても多くの皆さんに来ていただいて、本当にありがとうございました。

あと、次回公演に向けて劇団員募集してます。
さっき、体重計乗ったら2s痩せてました。演劇はダイエットにも有効という...まあこれはどうでも良いのですが。

本当にご観劇、ありがとうございました。
2015020117490000.jpg
↑出番の終わった大道具達。次はいつ登場するのか...
posted by 劇団夢波 at 18:03| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

気がつけばもう一週間切ってる。

こんにちは、劇団夢波のふ〜みんです。

あけましておめでとうございますも言わないまま、もうこんな時期になってしまいました。
もう公演まで1週間を切りました。
来週の今頃は何にも考えずに読書でもしてるのだろうとか考えると、不思議な気分です。

今は事前の準備をやってます。
アンケートを作ったり、アンケート用のクリップペンシル(よくゴルフ場とかにあるヤツ)のアウトレット品というのをネットで買ったら100本中7本も芯が折れてた上に酷い出来でムキーッとなったり、パンフレットの原稿が揃わなくてムキーッてなったり、JASRACに登録する曲リストが出来てなかったりしてムキーッてなったりで、基本、ムキーッってなってます(笑)。

ここまで来たらもう腹くくるしかないです。あとは体調管理。今回台詞量が多いので喉が心配です。
頑張ります!

あと、まだ前売りやってますので、観に来る方は是非!
posted by 劇団夢波 at 20:35| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする