劇団『夢波』のブログ。
劇団夢波は伊豆下田・南伊豆地区で活動しているアマチュア劇団です。
劇団夢波では随時劇団員を募集しています。公演・劇団、団員募集に関するお問い合わせ先
メール:es-shimoda@hotmail.co.jp

2020年05月04日

ゴールデンウィーク

こんにちは!大隅楓です!

最近徐々に暖かくなってきて春を感じつつありますね!
しかし、今世界で大変なことになっていますね…このGWにどこかへ出かけようと考えていた人も多いのではないのでしょうか?
私も実は折角なので遊びに行こうと考えておりましたが断念せざるを得ませんでした…(泣)
なのでこの大型連休は家でなかなか忙しくて出来なかった掃除や、料理を作ったりお菓子作りなどに挑戦する予定です!(´∀`*)
皆さんはどのように過ごす予定ですかね?

我々劇団員も集まっての練習が出来ずに5月に入ろうとしています。正直色々と心配や不安は多々あります。ですがまた皆さんの前で芝居が出来る様頑張っていきます!
まずは基本の手洗い、うがい、消毒!から徹底していきたいと思います!

では今回はこの辺で!
posted by 劇団夢波 at 14:13| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月29日

新型コロナ

こんにちは。劇団夢波の副代表のフクちゃんこと福西です。

コロナにより世界が大変なことになり緊急事態宣言が出され、あらゆる活動が自粛ムードとなっております。演劇も例外ではなく夢波も稽古で集まっておりません。しかし、日常生活が戻った時、活動を再開できる状況になっていたらいいなぁと思っています。

さて、各都道府県とも、遊びや観光目的の移動を自粛を呼びかけております。それにも関わらず出かけてしまう方々がおり、その為に感染してしまった方々もいます。その為にナンバー差別で他県ナンバーや地元以外のナンバーの車を見かけるとヒソヒソ話をしたり、冷たい視線をおくったり、あおり運転をしたり・・・などの心ない事をする人もいます。でも、他所のナンバーであっても移住したり仕事で赴任し地元に住んでる方々もいるのです。
夢波も移住してきた人、赴任したきた人も団員となり支えられています。
どうかナンバー差別をしないでください。人と人との関係を壊すような事をやめてください。
日常生活が1日も早く戻ることを祈ります。
posted by 劇団夢波 at 21:18| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

退団のお知らせ

団員の櫻井凜佳と渡邉華叶の二名については、本日をもって夢波を退団いたします。
この春からは高校三年生となり、受験勉強に専念するためです。ずっと前から決まっていたことではあるのですが、いつも明るい笑顔と真剣な表情を見せてくれた彼女たちがいなくなってしまうことに、団員一同、やはり寂しさは感じます。

二人とも初めての舞台で主演という大役を見事にやってのけ、舞台上で輝いていたことは、御観劇いただいた皆様には説明不要かと思います。

演劇というものは、それ自体が直接何かの役に立つものではないかもしれませんが、その経験は彼女たちの今後の歩みの中で必ず役立つものだと思っております。
劇団夢波として、二人のこれからの人生が明るく楽しいものになっていくことを応援します。

以下、二人から最後の挨拶です。

🌸 🌸 🌸 🌸 🌸 🌸 🌸 🌸 🌸

学業への専念の為、退団させていただくことになりました。
この2年間で、学校に通っているだけでは学べない貴重なことをたくさん勉強させてもらいました。2年前勇気をだして入団して本当に良かったと思っています。
お客様には舞台にたって演じることの楽しさを教えて頂きました。ほんとうにありがとうございました! これからも夢波のことを応援し続けます!
                りか

この度、劇団夢波を退団することとなりました。
受験や学業の関係とはいえ、1年という期間はあまりにもあっという間でした。
沢山稽古して、笑って、一緒にいろんなこと考えて。。
本当に、楽しかったなぁ。
この経験は、きっとこれからの人生に役立つ日が来ると思っています。
多分、溢れていたかもしれませんが、私は夢波の皆さんのことが大好きです!
これからは一ファンとして応援していこうと思っております。
貴重な経験をさせていただけたこと、本当に感謝しかありません。
皆様からの暖かい言葉、終演後にいただいた大きな拍手は、一生の宝物だなぁと思います。
 今までありがとうございました。
どうかこれからも、劇団夢波をよろしくお願いします!✨
               渡邉華叶
posted by 劇団夢波 at 12:49| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

いずみんの作り方

こんにちは、劇団夢波の土屋です。

公演も終わり、劇団の稽古もあまりなくゆっくりした時間を過ごしています。
とはいえ、公演の準備で後回しにしてきた色々な事、例えば引っ越しの後始末や家の補修や赤子の寝かしつけなどなどやっていて割と忙しいです。

今回の公演の準備で大変だったのは、やはりいずみん作成でしょうか。
この手の作業は人数を掛ければ、楽になったり短時間で作れる訳ではないので、脚本を読んだとき、正直「マジか......」と思いました。出産もあるし引っ越しもあるし......

とはいえ、手慣れた作業でもあります。イズミダーとか巨大たまごとか作ってますからね。
今回は誰でも作れるいずみんの作り方(頭部)を紹介したいと思います。

・材料
発泡スチロール(厚さ3センチと0.5センチ)
接着剤@(速乾アクリア)
接着剤A(発泡スチロール用接着剤)
園芸用鉢底ネット
木工パテ
水性ペンキ

@まずは頭の直径の一番大きな部分を作る。厚さ3センチ程度の発泡スチロール(以下厚いヤツ)の中心にエンピツを差し、そこに紐などを結び、もう片方に油性マジックを結んで、エンピツを起点に円を描く。
A紐を縮めてさっき書いた円より2センチ程度内側に同じように円を描く。
Bカッターや発泡スチロールカッターで描いた円を切り抜き輪を作る。
C上記の要領で、サイズの小さな輪を作っていく。

1583325884127-9ab1e.jpg
↑こんな感じで重ねる。

D輪同士を接着剤@でつける。

1583325890514.jpg
↑天丼マンのようだ......

E発泡スチロールカッターやカッターで発泡スチロールを削る。仕上げに紙やすりや、サンダーで削る(めっちゃ削りカスがでます)。隙間や段差ができたら木工パテで埋めて、乾いたら、紙やすりやサンダーで削る。

1583325900317.jpg
↑このくらいまで丸く。

F写真のようにいずみんをかぶり、自分の目の位置に口を作る。カッターや発泡スチロールカッターで開け、紙やすりで整えて、内側から園芸用鉢底ネットを接着剤Aで接着する。0.5センチ程度の厚さの発泡スチロール(以下薄いヤツ)でくちびると歯を作って、接着剤Aで貼り付ける。
G目を作る。@の要領で薄いヤツに円を描き、切り抜く。円をパックマンのように切り込みを入れ、球状の頭にそうように接着剤Aで貼り付ける。
Hトサカを作る。厚いヤツに真横からみたトサカの絵を描き、カッター等で切り抜く。トサカは頭の形に合わせて描き、下の方を長目に描くのがコツ。
IHで作ったトサカを厚いヤツの上に載せ、ペンでなぞるコピーを2枚作り、カッターなどで切り抜く。3つのトサカを養生テープなどで簡単にまとめて、真ん中のトサカをが凸状になるように、トサカの下部分を切る。
J3つのトサカを接着剤@で接着する。紙やすりなどで整える。
Kトサカ下部の凸部分に頭部を合わせて、接触部分にカッターなどで穴を開ける。接着剤Aで接着し、隙間部分は木工パテで穴埋めし、紙やすりなどで整える。
L着色。水性ペンキで塗り、乾かし、ウォーターペーパー♯1500程度で整え、塗り......をくり返す。

1583325906119.jpg
↑ここからペンキを垂らして仕上げる。

まあ、早足で作り方を紹介しましたがこんな感じで作ってます。手慣れた作業と書きましたが、引っ越しが1ヶ月遅れた主な原因はコイツです。まあ、ウケたから無問題!
posted by 劇団夢波 at 22:03| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

第14回公演を終えて

劇団夢波第14回公演「Beautiful Name」無事終了しました。ご観劇ありがとうございました!
今回、井戸一紗役、そして楓さんと共に演出を務めさせていただいた櫻井凜佳です。

私は昨年、この劇団夢波での公演を終えたあと次も出演したい!と心に決めていました。

しかし、まさか演出を任せていただくとは夢にも思っていませんでした。そもそも私には経験が全くといってよいほど無かったですから、なぜ自分が??と思いました。楓さんと2人で、といっても不安はとても大きいものでした。

最初のうちの稽古では、ほかの役者さんに演出をつけるごとに「これは合ってるの? 間違ってるの? これで面白いの?」とずっと自問自答してしまって自分に自信が持てませんでした。

しかし、私が皆さんに演出をつけると、それを最大限に表現しようとしてくれ、少しずつ劇が出来上がっていく感じが嬉しかったです。

また、最初のうちは個人の演技しか見られなかったのですが、前川さんに「舞台全体」を見るようにアドバイスを頂きました。それを気にして稽古していくうちにより、舞台全体をつかえるようになってきて劇としての形が見え始めたと感じた時はすごくほっとしました。

何より支えになったのは昨年から所属になった同学年の友達、渡邉華叶さんです。稽古中初出演にして主演の重圧に耐え必死に努力している華叶さんがあっという間に成長していく姿を見て頑張ろうとより思えました。また、部活も同じだということもあり悩んでいることも親身になって聴いてくれてました。華叶さんがこの夢波に入ってきてくれてほんとうによかったと思っています。

もちろん公演が成功した今でも、悔いが残る部分もありますが、半年間精一杯頑張った成果を皆さんに見てもらえて、笑っていただけたことで満足しました。そして去年よりもお客さんが見てくださることのありがたさを感じることが出来ました。

演技の面でも沢山書きたいことがあるのですが、書き始めると永遠に終わらなそうなのでこの辺りでやめておきます(--;)

改めて、劇団夢波第14回公演「Beautiful Name」をご観劇頂きありがとうございました!来年の夢波の活動もぜひよろしくお願い致します!
posted by 劇団夢波 at 18:36| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

梓みちよさんの訃報について

2月8、9日に上演した第14回公演『Beautiful Name』には、たくさんの方の御来場をいただきまして、まことにありがとうございました。

さて、今回の舞台の中では、昭和から歌われ続ける名曲「こんにちは赤ちゃん」が、非常に重要なコンテンツとして登場しました。

すでにご存じの方も多いかと思いますが、その「こんにちは赤ちゃん」を歌われた歌手の梓みちよさんが、先月29日に亡くなられたことが、今月3日に発表されました。
公演のわずか5日前に届いた訃報に、団員一同、たいへん驚きました。

上演後の挨拶にてこの件に触れることも考えましたが、明るく賑やかな雰囲気で終わる今回の物語には似つかわしくないため、このような形でお話しをさせていただくこととしました。

今回の舞台は、タイトルとしても使わせていただいた「Beautiful Name」、そして「こんにちは赤ちゃん」という二つの名曲なくしては成り立たないものでした。

彼女の死去後、あれだけの人数で「こんにちは赤ちゃん」を歌ったのは、間違いなく私たちと観客の皆様であり、きっと梓みちよさんも天国から歌声を聴いてくれていたのではないかと思います。

後世に残る名曲「こんにちは赤ちゃん」を多くの人たちに届けてくれた梓みちよさんに対しまして、劇団夢波として、哀悼の意を表すとともに感謝申し上げます。
posted by 劇団夢波 at 12:35| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

本番まで約一週間

こんにちは。夢波副代表の福西です。

劇団夢波第14回公演「Beautiful  Name」本番まで残り約1週間となりました。稽古も少しづつ進み12月の舞台稽古で気づいた事を演出を中心に改善に取り組んでいます。

今回の舞台は架空の市である伊豆海市シリーズの第3弾となります。自分は伊豆海市シリーズは大好きで脚本選びの段階で、できればこの脚本を演りたいと思ってました。あの人物と会えるのですから。

11回目となるオリジナル脚本、夢波としては初の仕掛けがあります。どんな仕掛けかは見てからのお楽しみとして、演る側としてはワクワク感しかないです。ご期待ください。

最後に御観劇の際のお願いがあります。面白いと思った場面では遠慮なく声に出して笑ってくださいね。それが役者にとってプラスエネルギーになります。よろしくお願いします。

それでは会場でお会いしましょう。

🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱

演目 Beautiful Name
脚本 前川雅実
演出 櫻井凜佳、大隅楓

日時 令和2年2月8日(土)19時開演
          9日(日)14時開演
      (開場は開演時間の30分前)
場所 下田市民文化会館 小ホール
料金 前売700円、当日800円
   18歳未満及び高校生は無料
   夢波サポータークラブ会員は100円割引

(あらすじ)
伊豆海市役所子ども保健課に配属された、新規採用職員の河野みどり。持ち前の明るさで元気に仕事をこなす毎日だったが、ある日、不思議な声に呼び掛けられる……。
posted by 劇団夢波 at 18:11| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

Beautiful Nameに御期待ください

夢波代表の前川雅実です。

毎年新年の訪れは、私たち劇団夢波にとって年一度の公演が目前となり気の引き締まる時でもあります。
あらためて、第14回公演についてお知らせします。

 演目 Beautiful Name
 脚本 前川雅実
 演出 櫻井凜佳、大隅楓

 日時 令和2年2月8日(土)19時開演
          9日(日)14時開演
      (開場は開演時間の30分前)
 場所 下田市民文化会館 小ホール
 料金 前売700円、当日800円
    18歳未満及び高校生は無料
    夢波サポータークラブ会員は100円割引

(あらすじ)
伊豆海市役所子ども保健課に配属された、新規採用職員の河野みどり。持ち前の明るさで元気に仕事をこなす毎日だったが、ある日、不思議な声に呼び掛けられる……。

今回も私の脚本ですが、自分でも気に入っている「伊豆海市役所シリーズ」の第3弾となっております。
第5回公演「夢の化石」では観光商工課が観光客増加のために奮闘し、第8回公演「わが町より夢をこめて」では防災課が隕石衝突の危機に立ち向かいました。
そして今回の主役は、子ども保健課の新規採用職員、河野みどりです。前川脚本の中でもとくに明るく元気な主人公である彼女の活躍に御期待ください。

さて、今回の演出二名のうち、櫻井凜佳は昨年が初舞台であり、演劇経験二年目かつ劇団史上最年少の高校二年生にて大任を努めています。もう一人の大隅楓については、昨年の初演出に続く二度目の演出です。
若い二人の演出家に対しましても、期待と応援をよろしくお願いします。

また、今回の舞台では、"ある大きな仕掛け"がしてあります。初の試みですが、さすが前川脚本と思っていただける楽しい仕掛けであると自負しております。今回の舞台の肝であり最大の見所なので、楽しみにしていてください。
posted by 劇団夢波 at 13:45| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

舞台稽古

皆さんこんにちは、お久しぶりです(*ᴗˬᴗ)⁾⁾⁾

劇団員の渡邉華叶です❁⃘*.゚

*

*

12月7日

1日かけて、舞台稽古を行いました⸜🌷︎⸝‍

通常稽古、通し稽古を繰り返しとても濃い一日となりました。
通しを何度か経験していたものの、初めての舞台稽古では、普段の練習とはまた違った緊張感を感じました。。

台詞はもちろん、立ち位置、見せ方、客席からどう見えるかなどを、より考えるきっかけとなりました(๑•̀ •́)و✧

衣装替えの時間、1度目の通しで感じたことを2度目の通しではどう改善しようかと演出のお二人と相談しあったり。
劇団員の皆さんで意見を出し合う事により、より良いものを作り上げることが出来ました。

1日かけての稽古に、自分の未熟さを思い知ることが多かったです。

まだまだ改善しなければならないこと、己の課題がたくさん見つかり精進しなければなと思うばかりです(。•́•̀。)💦

*

*

*

先日新聞にも取り上げていただきましたが、今回の公演【 Beautiful Name 】では主役である【河野みどり】を演じさせて頂きます。

ネタバレは出来ないのですが、日々この作品を演じていて絶対に素敵なものになると確信しております。

主演。。。
そんな大役を自分が…と不安ではありますが、精一杯努めさせて頂きます故、是非ともご観劇に来ていただければなと思います(*´꒳`*)✩.*˚

以上、渡邉華叶でした!
失礼します🎀

=====================================

第14回公演「Beautiful Name」

脚 本 前川雅実
演 出 櫻井凜佳、大隅楓

日 時 2020年2月8日(土) 19時開演
         9日(日) 14時開演
      (開場は開演時間の30分前)
場 所 下田市民文化会館 小ホール

入場料 前売700円、当日800円
    18歳未満及び高校生は無料
    夢波サポータークラブ会員は100円割引
posted by 劇団夢波 at 13:20| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

芸術祭終了!

11月4日の芸術祭にて演じた「定例集会」、ご観劇頂けたでしょうか?
今回の担当は定例集会の脚本を務めさせて頂きました、鈴木博和です。

幼き頃より国語の成績がすこぶる悪かったが故に、これから書く文章は見にくく醜い内容になるかと存じますが、今回は「定例集会」のことを少しばかり語らせて頂きたいと思います。

「定例集会」は、ネコ、ウサギ、イヌ、ブタという4匹の動物達の情報交換会を題材にした劇でした。個性的なそれぞれの動物達からの視点で見た、野生や幸福感に対する、人間との認識の差違を皮肉ったブラックユーモアあふれる、それでいてほのぼのした劇になったと自己満足しています。
これは面白おかしく演じてくれた演者達の力です。いやぁ、演劇ってスゲェ。プロじゃなくたってこんな面白いものを作り上げることができるのか、って感心しっぱなしでした。自画自賛ですが、今回の演目は120点だったと思います٩( 'ω' )و


今回の劇を見逃してしまった方も、今回の劇で夢波や演劇に関心を持って下さった方も、朗報です!
来年の2月8日(土)、9日(日)に劇団夢波の本公演があります!観にくくならないよう現在練習を重ねておりますので、本番当日は是非皆様下田市文化会館に足を運んで下さいね☆

(注)写真は11月2日(土)のリハーサル時の模様です。
line_25703849782949.jpg
posted by 劇団夢波 at 12:35| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする